言語聴覚士の仕事や求人、給料

スポンサードリンク

言語聴覚士の仕事

言語聴覚士

言語聴覚士(ST)とは、言語聴覚士法により

「厚生労働大臣の免許を受けて、言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、言語機能又は聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」と定められています。


平成9年の法律制定前には、言語療法士・言語訓練士・臨床言語士など様々な名称が使用されていましたが、現在は国家資格をもたない者は言語聴覚士又はこれに紛らわしい名称の使用は禁じられています。


言語聴覚士は、病気や交通事故、発達上の問題などで言葉によるコミュニケーションに問題がある方や摂食・嚥下の問題がある方に専門的なサービスを提供して自分らしい生活、生活の質の向上(Quality of Life)を構築できるよう支援する専門職です。


言語聴覚士は、失語症や聴覚障害、言葉の発達障害、声や発音の障害などの問題の本質や発現するメカニズムを明らかにしてその対処法を見出すために検査や評価を実施し、必要に応じて訓練や指導、助言、その他の援助を行います。


嚥下訓練・人工内耳の調整・聴性脳幹反応検査・機器を用いる聴力検査・耳型の採型・補聴器装用訓練・音声機能に係わる検査及び訓練の一部・言語機能に係わる検査及び訓練の一部など、言語聴覚障害者の方の身体に危害を及ぼすおそれのある行為については医師・歯科医師の指示がなければ行うことはできませんが、それ以外については言語聴覚士の自由裁量で業務を行うことができます。


つまり言語聴覚士は、医師や歯科医師、看護師、理学療法士作業療法士などの医療専門職や、ソーシャルワーカー介護福祉士ケアマネジャーなどの保健・福祉専門職、教師、臨床心理士心理療法士などの心理専門職などと互いに連携を図り、言語聴覚障害を持つ方々の利益を最優先し、業務を行うことが言語聴覚士に課せられた責務ともいえます。

言語聴覚士の求人や給料

言語聴覚士

ご参考までに、実際にあるハローワーク(公共職業安定所)での言語聴覚士求人情報例を挙げます。

G病院(愛知県)の場合

職種 : 言語聴覚士

経験 : 不問

年齢 : 不問

賃金 : 時間給2,000円 交通費実費支給(上限なし)

学歴 : 専門学校卒以上

免許資格 : 言語聴覚士

仕事内容 : 病院内デイケア室でのリハビリテーション業務

就業時間 : 9時から17時30分まで 

雇用形態 : パート労働者

加入保険等 : 労災

所定労働日数 : 週2日程度

A福祉施設(岐阜県)の場合

職種 : 言語聴覚士

経験 : 不問

年齢 : 59歳以下

賃金 : 265,000 〜 355,000円 交通費30,000円まで支給 

休日 : 日曜日とシフトで他1日の完全週休2日制

学歴 : 不問

免許資格 : 言語聴覚士 普通自動車免許(AT限定可)

仕事内容 : 在宅におけるリハビリテーション業務

就業時間 : 8時30分から17時30分まで 時間外 20時間

雇用形態 : 正社員

加入保険 : 雇用・労災・健康・厚生

スポンサードリンク